A-Players

友人がコメントしていたブログポストが目に止まった。その記事の中で、以下のように仕事の面接の場面でどのように相手を評価するかをグループ分けしていた。

  • A-players: the top 5% of people. They work hard, go over and above, are well liked and respected and typically move “up the ranks” fast.
  • B-players: most people. They do the 9–5 thing, do their job well and are generally the “good not great” people.
  • C-players: the bottom 10%. They do just enough to scrape through, don’t volunteer to take on new projects, like (and cause) conflict and have little to no personal accountability or responsibility.

A-playersが、”work hard, go over and above”で、B-playersが、”do the 9-5 thing”? この人はwork hardイコール長時間労働する人という意味で言っているのだとしたら間違いだと思う。本当のA-playersは、work hard and smartで、emotional intelligenceとかpoliticsとか器用な人なのではないかと。長時間働いていてもそうは見せずに涼しい顔をしているような人なんじゃないかと思う。自分がA-playersかというと、多分違う。

管理職の場合、

  • A-players love to hire other A-players and build teams of super smart people that love to win. They genuinely want to be the “dumbest” person in the room and love learning from those around them
  • B-players hire C-players because they’re worried about someone coming in and taking their job
  • C-players don’t really hire (too hard/too lazy), but if they do, they’ll pretty much take whoever comes along

A-playersのマネージャーに働けたことは幸運にも数回あるが、そうでない時はとても辛い。自分より出来る人を採用するマネージャーはいるのだが、日々の仕事の中で、「自分はこの部屋の中で一番能力がないから」と自分の部下を盛り立てるような上司に恵まれた時はとても幸運だったと思う。チーム全体のムードも良かった。皆がお互いの能力をrespectして、助け合っていた。そういう上司たちはいつも「次に何を学びたい?ステップアップしたい?」と聞いてくれていた。これは最近、自分自身に聞いてなかったな、もっと問いかけないといけないなと、書きながら今思った。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s